道場方針


創始者 大山倍達

1923年7月27日(旧暦6月4日)東京生まれ。9歳のころから拳法を学び、38年3月松涛館空手創始者船越義珍に初めて空手を学ぶ。
47年、戦後初の全日本空手道選手権大会優勝。以後、数年の海外渡航などの間にプロレスラー・ボクサーなど世界中の格闘家に真剣勝負で勝ち抜き、ビール瓶を手刀で斬り、猛牛を一撃で倒した。


10円玉を2本指で折り曲げ、自然石をも砕いたその手は、
「神の手(ゴッドハンド)」と呼ばれ、大山倍達を指す呼称となり、伝説として語り継がれる。

1964年極真会館設立。全世界160カ国に1200万人の会員を擁する最大の武道団体を作り上げ、生涯を空手の道に捧げた最強の武道家。1994年4月26日、肺癌のため急逝。


極真とは?

極真とは、「千日をもって初心とし、万日をもって極みとする」という武士の格言に由来しています。

初めて志すものが、ようやくその初心に達するまでには千日(三年)もの修行を必要とし、極意の境地に至るまでは万日(三十年)かかるという意味です。

武道というものは、それほど遠く厳しいものであるから、修行者はふだんの努力と精進を怠ってはいけない、という戒めの言葉でもあります。


道場訓

一、吾々は心身を練磨し 確固不抜の心技を極めること

一、吾々は武の神髄を極め 機に発し感に敏なること
一、吾々は質実剛健を以て 克己の精神を涵養すること
一、吾々は礼節を重んじ 長上を敬し粗暴の振舞いを慎むこと
一、吾々は神仏を尊び 謙譲の美徳を忘れざること
一、吾々は智性と体力とを向上させ 事に臨んで過たざること
一、吾々は生涯の修行を空手の道に通じ 極真の道を全うすること

 

最初の三つは心と身体を鍛えることを教え、次の三つはそれを実践することを教えています。

そして最後の一つは、「極真の道は、人の道」と説いています。

この道場訓は吉川英治先生により監修されたものですが、「自分に打ち克つことによって、自分自身を確立してほしい」という大山総裁の願いが込められています。

 

”極真精神”である「頭は低く、目は高く、口を慎んで心広く、孝を原点として他を益す」は、道場訓を包括したものであり、”武道精神”(自己の確立、無我の実現、奉仕の精神)を表しています。